骨折療養中のびょうです。

今日は、初めてのリハビリの日でした。

その前に、二回目にかかった病院へ労災の書類を出してきました。

前回支払った17000円を返してもらい、

ほっと一息。

1615e0_s


今回、労災にするしないでいろいろありましたが、

自分の場合は精神的障害でも通勤途中でもなく

誰が見ても明らか、という、

職場の業務中のスッテンコロリンだったので、

会社側も結局は労災申請を認めてくれました。

ただ、労災を認めて貰えた、やった、バンザイ!とは

問屋が卸さないってえもんで、

待っていてもそうそう早くは手続は進みません。


一度、保険診療してしまっている場合でも

切り替えはして貰えるのですが、

月内に処理が終わった場合は書類提出後に支払金が戻り病院が手続をしてくれますが、

月内で終わらなかった場合は、一旦自分で10割負担して、

その後、自分で労働基準監督署に請求をする形になります。

なので、手続はできるだけ早いほうが良いのです。

職場での事故であっても、自分の事故ですから

自分が動かねばなりません。


私は今回、ネットで調べて、労働基準監督署に電話して質問し、

自分で用意した用紙に書けるだけ書いて会社に持ち込み、

記載事項は大丈夫だったようで、

会社では印鑑貰っただけでその場で書類を受け取りました。


私の場合は最初の救急診療が労災指定医療機関ではなかったので、

最初の救急病院宛 1枚
次に受けた整形外科 1枚
転院した病院への変更届 1枚
転院した病院から薬が出た場合の為の薬局用 1枚

以上、計4枚の書類を作成しました。

もちろん、最初は会社が労災にするかどうかで揉めると

思いますが、労災OKが出たら、

会社に嫌な顔されないように、自分でできるだけやっちゃうと

自分の心の負担も減るかもしれません。

書き方はネットですぐに調べられるし、

わからなければ労働基準監督署・労災課の方が親切に教えてくれます。

会社が協力してくれなかったらすぐに連絡してくださいね、

とそっと背中を押してくださいます。


また、会社から、そんなのは労災にならない、とか、

私の場合のように、退職する人間には保障なんかない、

とか、え?と思うことを言われたら、

すぐに労働基準監督署に電話して聞いてみましょう。

腹が立つと思いますが、感情的にならずに、

状況を冷静に話して、正しい方法や私達の権利を教えて貰いましょう。

そして会社に話す時に、鬼の首を取ったよう言わないで、

あら?労基の方はこう言っていたんですけど、

違うんですかねえ、的に、そっと会話に入れてみる、

私の場合はでしたけど。

また、他にもいろいろ不安な要素がある人は、

お住まいの市町村の役所で、週一くらいで

無料弁護士相談をしていることがあります。

私は今回はお世話にならずに済みましたが、

今の家に引っ越してくる時の火災保険の払い戻しでおかしなことがあり

その時に無料弁護士相談や消費者相談窓口に協力してもらい、

無事に払い戻しができたことがあります。


また、今回はTwitterのフォロワーさんやこちらのブログの読者さまから

介護看護職のユニオンを教えていただいたりして、

いろんな勉強ができました。


私は以前、個人事業主をしていましたが、

その時の税務処理については、

全部、税務署の方に教えていただいたんですよ。

車を買った時の減価償却資産の算出も。

安易にセミナーなどに行くよりも、

自分でわからないことを明確にすれば

役所なども十分に活用できます。



税金のことや保険のことなど、

どうしても煩雑そうだから頭が思考停止しちゃいます。

私もそうですよ。

でも、教えてください、と門を叩く人に、

いきなり嫌な顔をする人はいません。

もしいたら、冷静にきちんと、お名前を聞きましょう。

100%相手が間違っています。


思い起こせば、営業職の正職だった時、

仕事中にギックリ腰になりまったく歩けなくなって、

一月寝ていましたが、

たまたまその時も退職予定だったので、

休んでいる間に誰も何も教えてくれず、

そのまま退職になってしまいました。

知識は力です。

情報弱者は損をします。

聞きにくかったら、まずはグーグル先生に聞いてみましょう。


ということで、昨日、書類準備で無理をしてしまい、

病院で測ったら、膝が12センチも腫れていました。

びっくりです。

今日はやっと、安心して病人になりますね。


悩まないで、諦めないで、力を合わせて頑張りましょう。

いろいろ教えて助言をくださった読者のみなさま、

心から御礼を申し上げます。

ご主人に聞いて教えてくださったり、本当に感謝です。

自分はひとりじゃないんだなって心強かったです。

私もいつか、何らかの形でお役にたちたいと思います。


あと、骨!

同じすっ転んでも、骨の強さが物を言います。

樹木希林さんも大腿骨骨折されましたし。

サプリでも食事でも、気をつけましょうね。

骨密度107%のびょうより。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村