老人ホームで働いているびょうです。

怪我から復帰2回の勤務が済みました。

相方さんが大人しくて優しい年配の方だったので

人間関係も問題なく、まったりとした夜でした。

センサーもコールもならず、

特変もなさそうなので、いつもよりもゆっくりしようねって

ちょっと多めに休憩を取ったんです。

病み上がりと年金世代の勤務ですからね。

でも、夜中にどうしても蕁麻疹が勃発して眠れず、

もったいなかったです…


昨日は、夜勤明け、少し仮眠を取って、

母の支度をして、15キロほど離れたホテルに母を送りました。

6名の女性がホテルに泊まって同窓会をします。

宿泊できない人や乾杯だけの方も3名来られます。

人数は少ないけど、それは当たり前。

だって、満州引揚者の小学校の同窓会なんです。

母は83歳ですが一番年下で、

幹事を含めてみなさん、90歳。

それがみなさん、髪を黒や紫にバリバリ染められて、

自分で新幹線に乗ってはつらつとお見えになるのですから

それはそれは、奇跡です。

昨日はフグを食べに行ったそうで、

今日はみんなでタクシーを乗り回し観光するそうです。



そして、私は母から開放されて(≧∇≦)/イエイ!

なはずでしたが、

とにかく蕁麻疹がひどく、心ここにあらず。

部屋の掃除の途中なのですが、続きはとても無理。

今朝も早くから並んで診察してもらったのですが、

あまりの悪化具合に、

今回は精神安定剤も出てしまい、

それを飲んで、今から少し寝ます。

母がいる時は母のためにと

教科書に載っているような食事をしていましたが、

母がいないとまったくやる気にならず

食事がとにかくいい加減。

独身時代、面倒すぎて食事は明け方の吉牛だけ、

という狂っていたころを思い出しました。

母のお世話は面倒ですが、

母がいるおかげで私はきちんとした生活ができているんだなと

痛感しました。

ひとりだとお皿一枚洗うのが面倒で、

ほとんど食べない感じ、

そしてその反動がお菓子食べたりになっちゃうんですよね。

そろそろ安定剤が効いてきたので

一眠りします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村