今日も無事に仕事が終わりました。

就職してから10日ですが、シフト休あり学校ありで、今日で5日。

あの倒れそうな疲れはなくなり、割と踏ん張れるようになりました。


164216_458998314175534_899746143_n


家から施設までは8キロくらいで、以前の仕事でその近くに

良く行っていたので「近い」というイメージで応募したのですが、

実は朝のラッシュ時に私の家の周りが有名な渋滞地帯な上に、施設までの間に

ものすんごい渋滞地帯があり、結局30-40分かかってしまいます。

それはもう仕方がないので、朝食の代わりにと、

プロテインドリンクを飲みながら、好きなキリンジを聞きながら、

たら〜りたら〜りと通っています。

が、先日17時半に上がって郵便局に寄り、スーパーでちょっと

買い物をして帰ったら、大渋滞の為、家に着いたのが19時前。

これはあんまりだと今日施設の先輩に相談したら、

(先輩と言っても27歳の女性です)

別ルートで遠回りして帰ることを教えて貰いました。

今日、30分で家に帰りました!嬉しい!




ところで、介護職に必要な技能ってなんだと思いますか?

これ、働いてみて痛感したのですが、

介護の仕事の中身を簡単に表現すると、

「生活」

なのです。

なので、資格とか勉強のずっと前に、普通に生活している

子育てや調理、掃除や洗濯ができる人は普通に入っていけます。

特に私は「子育て経験」が大きいなと思いました。


もちろん相手は認知症を持つ高齢者ではあるのですが、

食事を食べさせたり、靴下を履かせたり、トイレのお手伝いを

したり、というのは、子育ての時とすることは同じ。

同じ、と書いてしまいましたが、私は子育て経験がないので

たぶん、同じです。

だから子供のいる人達は普通に「○○して!」って頼んできますが、

私は父の介護以外で人のお世話をしたことがないので、

靴下履かせるのだけ取っても、なんか大変なんです。


確かに家族や身内じゃなければ排泄とか嫌は嫌ですが、

子育て経験がある人は必ずおむつ替えしたと思います。

男性に比べると女性はある程度免疫があるはず。


そういう仕事なので、私は家に帰って母のことをしていて、

ふと、仕事みたいだなと思いました。

そして利用者さんに接しているように、優しく母に接するように

なったので、なんだか母との関係も前よりさらに良くなったかも。


だって重い認知症の人と比べると、母はとっても楽ちんですもん。


ということで、介護できるかなと考えている女性の方、

子育て経験のある主婦の方なら、バリキャリの独身女性よりも

ずっとアドバンテージ高し!です。

独身でも、男性よりはずっとアドバンテージ高し!です。


そして、例え子育て経験がなくても、臆することはありませんよ。

これは友達の看護師さんが教えてくれたのですが、

「40-50代の独身女性はとても重宝されるよ〜」

ということらしいです。

そうなんです。

40-50代の女性は普通だったら夫や子供の都合があるので、

休みの指定があったり就業時間に限りがありますが、

40-50代おひとりさまはそこまで過密なスケジュールではないので

シフトを組みやすかったりで有り難い存在なんですって。


それを聞いた時は、さらにやる気が出たんです。

この歳で有り難い存在なんて滅多になれません。

ありがたがって貰おうやないかい、

という気持ちがあったのは否めません。

人は誰かに必要とされたいですもん。


先日の介護の学校の教科書で目を奪われた、

マザー・テレサの言葉。


世界で一番恐ろしい病気は、
孤独です。
誰からも受け入れられず、
誰からも愛されず、
必要とされないという悲しみ、
これこそ本当の飢えなのです。


今まで、ずっとマザー・テレサの名前や教えは知っていたけれど、

コンサルティングなどで売上を作ることばかりしていた仕事の頃、

こんな言葉を大切に感じるなんて、ありませんでした。


元々、お年寄りが好きでしたが、

今はお世話している方々が、愛おしいなあと思います。

それは向こうにも通じているのか、おばあちゃん達が

とっても楽しみにして、認知症の方々も、ニコニコ迎えて

くださるので、上司に褒められました。

忙しくてバタバタしている時は嫌だし、食事時間以外に

まったく休憩もなくトイレもあまり行けない程なのは

ちょっとなと思うけど、朝、おばあちゃんたちに会った

時のワクワクした気持ちは、確かに自分の中にはあります。


普通に主婦している人には技能としては十分できるお仕事です。

そしてお年寄りが好き、もしくは嫌ではない、

という人も結構イケると思います。

今日もお読みいいただきありがとうございました(^^)





  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村