今日は学校でした。

学校の日は朝がゆっくりしているのと、昨日がっつり眠ったので

朝は楽でした。

今日は実習で、寝ている人の浴衣を寝たまま替えるというのを

やりました。

今時、浴衣は病院や施設では着ませんが、着せるのが難しい服としては

浴衣が代表的なので浴衣の練習をするそうです。

私に着せてくれた方は、私の手首が曲がったまま無理に袖に

通されたのでとても痛かったので痛いと言ったのですが、

一生懸命で気づかないで、つい「まじ痛い、止めてください!」

と声を荒げてしまいました。

本当に痛かったんです。

でも、それが現場で、言葉がはっきりしない利用者さんだったら

なかなか伝えられずに痛い思いを堪えていたかもしれません。

いい勉強になったと思いました。

仕事中でも、とにかく忙しいので、バタバタしていて、

車椅子の方の足先をぶつけそうになることがあり、

利用者さんがビクッとしてとても怒られます。

でも、自分だったら怖いですもんね。

介護職は忙しいのでつい自分本位になり、やってやってると

いう気持ちになりますが、してもらう方も相手に全てを

委ねているので、とても気を使ってると思います。

実習は介護職の勉強だけではなく、利用者さんの立場に

立てることも貴重と思います。


で、表題の件なのですが、

以前は箱の中に入れた母の薬を毎朝、食後に取ってあげて

飲ませてあげていました。

仕事についてからは朝が大変で、悩んでいたのですが、

このタイプの薬管理ケースにしてから、母が自分で

飲んでくれていて、とても助かっています。

先日認知症の薬が夜も処方されたので、そちらは

カレンダーに貼っています。

薬をきちんと飲み忘れなく飲むようになり、

母の糖尿病の数値が落ち着きました。

食事制限は特にしていません。

病院の先生からは、糖尿病も良くないけれど、

若い人と違うから、ちょっとしたお楽しみは奪っては

いけないので、甘いもの少し食べていいから薬を飲んで、

というのに従い、薬を優先にしていました。

認知症の引き金になる病気はいろいろありますが、

母は糖尿病と老人性うつだと思うので、

糖尿病は免れて良かったです。


今日は母が好きなマクドナルドのハンバーガーでした。

学校から隣の駅の改札口までの間にマックがあるのです。

私の作った「健康的な」食事はあまり手を付けませんが、

マクドナルドやセブンのお弁当は結構大きなものでも

完食する母。ここまで来ると、ある意味凄いと思うので

怒る気にもなりません(笑)

私はその横で湯がいた鶏肉を食べていたりします。

最近は胃腸が弱ってきて、コーヒーがちょっと重く、

なんとなくヤクルトやカルピスが美味しいと感じます。

胃腸の健康の点では母に負けています。


今日も眠いです。

来月は体力的に持つか気になっていますが、

そんな中、7月の他県での副業の打診がありました。

6月は副業3本。本当にこなせるのか、不安でなりません。

でも、とりあえず前向きに取り入れて行こうと思います。

お金がないのは惨めですからね。

頑張ろう。

また寝そうだ、どうしよう。


最近、読書も音楽鑑賞もできない生活のなか、みなさんの

ワンクリックが生活の励みです。

よければ押してやってください。


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村