介護施設で働いているびょうです。

前回のブログの続きです。

仕事の合間、家事や介護の合間に書いているので

うまく繋げられなくてごめんなさい。

beverage-breakfast-caffeine-3152022




その2 ケアマネを見直す


すでに介護認定を受けている人には

ケアマネさんがついていると思いますが、

このケアマネが良い仕事をしてくれてない人は

Twitterなんかを見ても苦労が10倍くらい増えてます。

1)すぐに動いてくれない

2)苦労を軽視されてると感じる

3)連絡がつかないことが多い

4)福祉用具などの選択肢が狭い

5)いろんな方法を提示してくれない 


1)の場合、もちろん相手のお休みを考慮しないといけませんが

うちのケアマネは曜日は関係なく連絡可能、返事や対処は稼働日で、

と言われているので、ああどうしようと頭を抱えるときは

連絡だけさせてもらっています。

そして、先日のデイサービスの誤薬の時は

それを見て訪問の前にデイに行って事実確認してきてくれました。

2)そんなこと誰でもありますよ、みたいな言動があれば

私だったら即、交代してもらいます。

何でも大事に騒ぐ必要もありませんが、

介護というのは利用者さんに対してだけでなく

家族をも救う行為と思っていますし、

家族の苦労を軽視する人にロクな人はいません。

双方に寄り添うということはとても大切なのです。

3)父のケアマネは父の介護ベッドの入れ替えの日に

連絡不能になり、業者がダブって最悪なことになりました。

後で旅行に言っていたとは聞きましたが、交代したとは言え

謝罪はありませんでした。

もちろん、即、連絡がつかなくては、とは思いませんが

緊急の時に平日全然連絡がつかないのはちょっと考えものです。

国民の殆どがスマホを所持している時代です。

4)これも3のケアマネなんですが

こちらの要望を出しても、これじゃないとみたいに言っていて

結局後から、業者と癒着していたことが判明しました。

バックマージンとかあるんだと思いますが。

結果的にそうなるならやむ無しでも、こちらの要望が通らないのは

困ります。誰の為の介護なのか。

5)これは4とは別に、

想像力が乏しい人、というのが居ます。

自分の仕事でもそうですが、どうしても困った時に、

じゃあこれ使ってみようか?ってなって、

びっくりするようなユニークな対処をする時もあります。

別に奇をてらうような事でなくても

いろんな経験をしている人なら、

こういう時にはこういうのもいいのよ、

という意見をくれることがあります。

これは介護していく上でとても大切な要素なんです。


とにかく、胸に留めておいて欲しいこと、

それは、

ケアマネは変えられる、ということです。

ほんとピンきりですし、

良いケアマネについて貰えるってことは、

心の安定に繋がります。

最近ではケアマネ余りなんてことも言われていて

沢山のケアマネがいますが、

その中でもちゃんと頑張っている人が評価されて欲しいものです。

もちろん、自分の主張だけでわがままはよくありませんが

自分だけで抱え込んではいけませんし、

うまく使えば介護保険サービスはとても良い制度なのです。

介護保険、沢山払っているでしょう?

親だって沢山取られてますよ、

上手に使っていきましょうね。

これ、どうなんだろうと悩んでいる人は

メッセージやコメントに書いてくれてもいいですし、

コメントは非公開希望だったら書いてくれたら

お返事だけ公開することも可能です。


親の介護は、使えるものは何でも使え、です。





ランキングに参加しています。

ぽちっていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村