2017年05月

今日は介護職員初任者研修の終了日。

誰でも取れる資格です。

通信制なので4回課題を出すものの、それぞれ70点取ればいいだけですし、

週に3日仕事をしながら週にたった3日通学すればいいだけですし、

家でも仕事があるので、郵便局の夜間窓口に行った後の時間に

夜中に勉強すればいいだけですし、

母の食事の準備をした後に勉強すればいいだけです。

たったそれだけだけど、きつかったー

でも、それ以上に、楽しかったです。

最後の試験も簡単とは言え、ちゃんと満点取ったし。


明日は7時の朝食の介助から入るので、6時半には職場に着いて

朝ごはん食べていいですよ、とのことなんですが(^^ゞ

心が折れる…

でもたった数日だけですしね。

もうお弁当は作って冷蔵庫に入れてあります。

近くにはお墓があるだけでコンビニも自販機もないので

食べ物を忘れたら大変です。


今日は自分へのささやかなプレゼントに、ビール買ってきました。

と言っても明日からの大幅値上げの買いだめですけどね。

それと、近所の300円の温泉に入ってきました。



とりあえず、またひとつ、夢が叶いました。


すごく気が抜けています、ふらっふらやで。

そしてちょっと嫌な予感がしているのが、女性ホルモン系が

不安定で半年以上ずっとお腹が痛くなる現象が止まっていたのに、

来る♪ きっと来る♪ 的な予兆が…

今じゃなくていいしね。

ということで、寝ます。


これをご覧の方で介護職員初任者研修を受けたいけど

迷われているという方もいるかもしれません。

私が行った学校は周辺市町村でも最安トップ3に入っていて

4万円でおつりが来ました。

市町村で助成が出ていませんか?

私の住む市は去年だったら半額の補助がありました。

うちの学校は紹介キャンペーンで紹介だと1万円値引きです。

資格がなくても十分働けますが、国の方針で全体的に

居宅サービスに傾いてきています。

空いた時間で訪問介護がしたい人は資格は必須です。

住宅型有料老人ホームで働くのも実は訪問介護になるので、

その場合も資格は必須です。

上手くシステムを活用して仕事の幅を広げて、

より自分に有利な条件を勝ち取りましょう。


今日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

よければ応援してください。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

「うちで仕事するなら資格がいるよ。働きながら取る?」

「はい」

で探して最安の学校に申し込んで、明日が最後です。

一応、修了試験が午後にあり、点数を取れないと資格は取れません。

でも、最終的にはなんとか取れるようになっています。

だって、深刻な人出不足ですもの。


で、明日で終わる学校。

先日のグループワークでは真剣に頑張る若者同士で

ちょっとした口論が勃発しました。

同時に、年長さん(60歳)が介護の現場でどうしても許せないこと、

というのでたいそうご立腹していたのです。


それは、

「介護に限らずいろんな職場では、気が弱かったり優しくて

断りきれない人に仕事が集中して潰されて辞めていく。

私はそういうのが一番、許せないんですよ!」

ということで。

まあ、優しいんでしょうね、この方。

というかですよ… この人、介護の現場、まだ入ってない人なんですけどね。

そこはツッコミなしで行きましょうかね…


正直、私もこの優しい人というか断れない人なので、

仕事が集中したりする。

でも、自分の場合は仕事がなくてボサーっとしている状態は嫌いだし

ボサーっとしている暇な状態を得したと思わない方なんです。

今はなんでも勉強だし修行なので、人よりも多く経験して

早く覚えてしまいたいのです。

今日も「ちょっと抱え込みすぎやろ」と看護師さんに

タシナメられましたが、実際にお年寄りを抱えて回りました。

ちょっと腰が痛いのですが充実感アリアリです。


まあ、私のようなドM&修行好きばかりではないと思いますし、

実際、そうやって辞める人も多くいるとは思うのですが、

そういう人と、この学校の熱血お年寄りってどんな関係があるの?


そこで参考になるのが、先日からの大ブームの「嫌われる勇気」の

アドラー心理の中の「課題の分離」です。


ここがわかりやすいかも。

【アドラー心理学】「課題の分離」は人間関係をシンプルにする
 https://www.cocolabo.me/adler-kadainobunri/

簡単に言うと、その熱血Yさんとその可哀想な仕事押し付けられる

誰かさんとの関係って、なんだろう、みたいな。

熱血Yさんの状況を「課題の分離」で考えると、

・「仕事を押し付けられて潰れそう」は、誰かさんの課題
・「イライラする」は、Yさんの課題
ということになります。
 
さらに言うと、そもそもその可哀想な人って誰だよ、ということにもなります。

そういう状況を可哀想と思うのはYさんの主観ですし、

もしもそういう人がいたとしたら、その人が誰かに訴えるか、

それができないで諦めるなら、辞めていくのも仕方がない、

という考えです。

私もお人好しではあるので、そういう人がいたら相談には乗るし、

いろいろ考えると思いますが、その人が私にいろいろ相談しない限り

その人にお節介していろいろ言いに行ったりはしません。

その熱血Yさんは、それが本当に許せないと思うのだったら、

1)実際にそういう人を見つけて、同情して助けてあげる

2)職場にいたら、早く助けられるように早く偉くなり実権を握る

3)もっと偉くなって啓蒙活動をする

4)手っ取り早く、自分の理想の事業所を立ち上げる

しかないんだと思います。

そしてだいたい、1)を実行していると、自分の心にダメージを受けます。

そもそも、このYさんが熱く語りだしたのは、講師の方の、

「相手は変えられないけれど自分は変われるから」

というのに喰いついた感じなんです。

「相手は変えられないけれど自分は変われる」

介護にかぎらず、大切な言葉だと思います。

「じゃあ、弱くて断れない人は我慢ばかりしなくてはいけないんですか?」

ということなんですが、我慢をすることとは違うと思います。

自分のようにそれをありがたいと思うこともあるし、

自分の想いを人に伝えられるように努力することでもあります。

「そんな事言っているから電通みたいなことになる!」

と何故か私に飛び火しましたが、

電通の過労死はとても悲しい事件ですけど、

同じ電通の中でも生き抜いている人の方が多いのも事実です。

だいたい、その架空の人のことで何故、議論があるのか…

私は目の前にいる人に助けを求められたら全力で助けます。

でも、架空の人を作ってそれに理解を示す自分に酔ったりしない。

それに、人のことを心配する余裕も自分にはないし、

どんな状況でも私は勝ち抜けたいのです。

「嫌われる勇気」もブームが終わってますけど、結構大切です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 63

特に介護の現場は人間関係で悩んでる人も多いですし。

できるだけ自分も人もシンプルに考えて、自分の居場所を確保しましょう。


さあ、ブログに逃げてないで明日の準備ですよー

良かったら応援してください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

今日はデイサービス最後の日でした。

次の出勤日には老人ホームでの仕事になるのですが、

老人ホームはユニットになっているので今後はデイサービスで

お会いした半分の方のお世話をすることになります。

最初の10日で日中のお世話を教えていただきますが、

それ以降は、みなさんの寝顔を見守る人となります。

デイサービスで一緒にお話したことはいい思い出。

今日は最後のレクリエーションで、わいわい騒いでいい思い出にしました。

途中で投げ出しそうになった利用者さんを励まして、

諦めないで、○○さんはやればできる人だから!と励まして励まして、

立派にできた時、感極まって、他の利用者さんが号泣。

24時間テレビさながらの感動のフィナーレでした(笑)


今日は、来月からの仕事をまとめたプリントをいただき、

施設長からは新しく出来た保険証をいただきました。

保険証には別部署の事務の方でしょうか、お手続きをしてくれた

方からの手書きのお手紙が添付してあり、

「大変な事もあるかと思いますが、頑張ってくださいね」とあり、

ちょっと感動したのでした。


ただ、友達から「介護の仕事の中でも自由度があるから

やってみたらいいやん」と言われただけで、

「そうね、それじゃなってみるわ」とどんな仕事かもわからないまま

求人に応募して「なってみるわ」だった仕事に最短で近づいています。

今日はめっちゃ大きな男性を移乗してベッドに寝かせました。

ちょっと位置が失敗して修正してもらえましたが、

身長150センチに満たない私にしては大きな一歩です。



で、家に帰って来て、明日の介護職員初任者研修の修了試験の

勉強をせんといかん!というので慌てた私は、

仕事のジャージの丈上げを母に依頼しました。

なんでもできることは頼む、自立支援の精神です!

実は!

ジャージをAmazonで買ったのはいいけど、

150センチ未満の私なので、丈が長い。

それでも人には絶対に履かなくてはならないときがある。

なので、ずっと足首の所に輪ゴムを巻いて留めていたんです。

若干、オオクニヌシノミコト的なジャージになってたんですよ。


で、母に頼むと嬉しそうに丈上げを受けてくれました。

がしかし!

どうも昔の人というのは見た目よりも楽さを選ぶのです。

10センチの丈上げなのに、折返したまま縫うほうが楽だから、

とそのまま丈を上げようとする…

それじゃ小学生の丈上げみたいで、足元がもこもこするから嫌。

じゃあ、裾上げテープをしようかと言われたけど、

裾上げテープは張りがでるのでラインが汚くて嫌なんです。

ということで、結局自室に持って帰りました。

できたらですね、くるぶしから下の部分で三巻に縫って

軽くゴムを通したいのでした。

明日の修了試験の方が大切なので、丈上げは延期。

おそらく、

次回もオオクニヌシノミコトスタイルで出社することでしょう。


ということで、試験勉強に勤しみます。

明日で学校が最後、打ち上げは翌日の勤務が朝7時からなので

残念だけどお断りしました。


それではまた。

ランキングに参加してます。

よろしければ応援ポチよろしくです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

今日は学校でした。

今日が最後の実技。

今日の先生は厳しいけど笑いもふんだんに取り入れて、

的確な指示をくださり、実際に訪問介護で培った沢山の経験を元に

いろんな技を伝授してくれました。

私が悩んでいたことも2つほど解決して、明日からの介護の仕事に

活用したい、

のですが、

私は明日がデイサービス最後なので、みんなが元気に動き回る時に

使える技はもう使うことはありません。

ちょっと残念ですが、その分、明日、今までの御恩を

返していきたいと思います。


ところで。

これは介護の現場だけではなく、何かしら摩擦を起こす人はいませんか?

自分の場合は今の現場の上司なんですが、

例えば何か、こうした方がいいかもしれない、という提案を出すと、

ちょっと困ったような深刻な顔をして、

「んーーー だめですね。」

という流れになります。

もちろんだめなのは別に良いんですけど、私は新人だし経験浅いし。

でも、どうでもいいようなことを深刻な顔でダメ出しに来るのです。

それは、

「BYOUさん、それはもっとこうした方がいいよ、こうしてね!」

「はーい!」

と明るく進められるところを、

「BYOUさん、ちょっとこっち、いいかな。
 実はあの時はこうこうだから、これはだめなんだよ。
 もっとこうしてもらわないと、困るんだよね」

と、なんというか同じことを言っているのに暗くて、

モチベーションが下がって、やる気がなくなる持って行き方なのです。

その上司は外を回ることが多く、あまり現場にいないんですが、

その人がいない時は和やかに楽しく進行するデイサービスが

その人がいるとネチネチとダメ出しされて、暗い職場に。


摩擦というのは地面とタイヤ、布と布、みたいな時に起きますが、

人と人、心と心、にも摩擦は起きます。


「○○しましょうか?」

「ありがとう!これこれの時は気をつけてほしいけど、あとは任せるね」

という流れもあれば、

「○○しましょうか?」

「んーーー いいんだけどさあ、これこれのときにこうしてもらったら
 困るんだよね、正直。でもできるならしてもらってもいいけどさ」

結局は同じところに行き着くのに、その過程で摩擦を起こすと

誰も幸せな気分になれない。


それは職員も感じ取っているんだけど、上司だから言えない。

そこを過敏に感じ取っているのが、

利用者さんなんですね、特に感じやすい認知症の方。

そして、その人と対峙すると、不穏が出ます。

嫌な感じを見つけるセンサーみたいなものですね。


施設にいると認知が進み、家に帰りたいとかって

絶対誰かが言いだしたりするんですけど、

その上司はいつも否定から入って暗い話に持っていく癖があるので

認知症の方は

「だめ」「むり」「家族に言ってるけど来ないし無理はさせられない」

という言葉だけに過敏に反応してるのがなんとなく感じられます。


それが最近はマックスになってきて、いつもなんとなく

怒鳴りつけられているのを目にします。


もちろん認知症のメカニズムは解明されていないので、

それが確かどうか、わかりませんけど、

自分は全て利用者さんの言うことは一度受け止めて、

何が良くて何が無理か順番にも気を使って、

最終的にいい話だけが残るように気をつけています。

それは仕事だけじゃなく日常も、あまり相手を否定しないで

自分がして欲しいことを短く簡単にさらりとお願いするように

してます。

熟考すると、あまり言葉がいらなくなったりもしますね。


言葉の摩擦は目に見えないけれど、いろんな不具合を生むと思いました。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

今日はお昼間に産直所で卵を買いだめ。

私はMEC食と言って、

ミート・エッグ・チーズのみを食べるという糖質制限を

しています。3年目。

今は厳密にしていませんが、最初は上記の3つのみ食して

感染症を克服しました。

以前は毎月点滴で大変だったのでとても助かっています。

 

詳しいことは後日。

気になる方は是非上記の本を御覧ください。

で、ちょっとお菓子が食べたくなって、休日だしと思い

ドラッグストアに買いに入ったのですが。

ポテトチップスが、ないんです。

ニュースやゴシップに踊らされる気はありませんが、

実際に、お菓子のコーナーにポテトチップスがほとんどない。

売切れというよりも、ポテチの棚自体がなくて、

あるのはカルビーの元祖的なポテチの薄味とコンソメパンチのみ。

それもサイズは小さいものだけ、さらには、

コンソメが売切れ…

湖池屋とかもないんですよ。

じゃがいもが不足しているのは北海道産だけで、

他は大丈夫だから無い無いと騒ぐのは愚か、

という話はネットで読みましたが、

実際にないんですよ、どうなってるんだろう。

さらに、アイスクリームも母のために買い置きをと思ったら、

母の好きなスーパーカップのバニラと抹茶も置いてなかった。

チョコレートが数個残っているだけ。

爽やMOWあたりの定番商品が一斉に姿を消していました。


別に無いと困るものではありませんが、

こうして価格だけではなく、今まで普通に買えていたものが

店頭からさりげなく姿を消すという現象は、

何かしら気持ちが悪いです。

スーパーで普通に割引価格で売られていた物が

だんだん割引無しで売られるようになって、

実際には割引価格が正価売りになっただけだから値上げじゃないと

マスコミでも取り上げないかもしれませんが、

実質値上げですよねえ、それもアイスクリームなんて

楽に倍の値段になっている。

大人は別にいいかもしれませんが、子供さんのいるおうちは

アイスクリームの値段が倍なんてちょっと痛手。


お給料は増えないのに生活費がいろいろと高騰してます。

自衛のために頑張らないとなあ。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ