2017年08月

老人ホームで働いているびょうです。

3月に転職を余儀なくされ、

准看護師の友達から介護職を推されました。

彼女はヘルパーから看護学校で看護士になったのです。

その時、私は今ほどは介護の知識がなく、

「ねえ、どういう施設で働くのがお勧め?」

と聞いたのですが、

彼女はこう答えました。

「どんな職種かよりも、大切なのは誰と働くか」

仕事はどれも似たり寄ったりだけど、

良い人と働くと嫌なことも頑張れるし、

どんな仕事もイジメや複雑な人間関係の元で働くと

地獄を見る、というのが彼女の経験。

実際、グループホームで働いていた時の彼女は、

いつも具合が悪くてあまり会ったり遊んだりできませんでした。

どうもいじめられていたみたいです。
candy-1678933_640



確かにどんな職場もいろんな人がいます。

私が営業職の時には、上司である課長が営業部全体を

順番に村八分にしたり伝達事項を黙殺したりして、

陰湿なイジメをしていて、

その時、私は一週間で5キロ痩せてしまったのですが、

自分ではまったく気付かずに、

出入りのある佐川の人たちに指摘されて注意されました。


そういうのは当たり前、

と書いてしまうとちょっと悲しくなってしまいますが、

そんな中で介護職は仕事自体が時々罰ゲームかと思うほど

過酷な時もあるので、

できるだけ気持ちは安らかに働きたいものじゃないですか。

なぜ、混ぜっ返すのか…


楽しく快適に働いて、納得の行く報酬を得たい、

それは万民の思いのはず。

納得の行く報酬というのは時給のことではなく、

頑張って残業をこなしたら、

当然その分の報酬も受け取りたいです。


確かに、悪い人はいます。

以前働いていたコールセンターでは、

事務の人たちが勤務時間内にはいつも休憩室で雑談していて

勤務時間外に働いて残業代を付けていて、

それを告発して酷いイジメにあい、

書類を隠されたりして仕事が進まず大変だった経験もあります。

でも、そういう人がいるからと、

真面目な人達の仕事がやりにくくなるのは

なんとも悲しいお話です。


みんな楽しく笑って働きたいはずなのに、

イジメや人間関係のトラブルというのは、

イジメている当人だって

決して楽しいばかりではないはずなんですけどね。


実際、うちの施設で対立している二人も、

自分が正しいからと一歩も引かない姿勢で、

施設長ももう匙を投げてしまったようですが、

本人たちも勤務する時に辛いはずです。

実際、ひとりは円形脱毛症で500円大のハゲを見せてもらいました。

なのに自分からトラブルを作り出すのは、

人類の謎ですわ。


もっと俯瞰的な視点を持って、

いろんな意味で楽に生きるスキルを身に着けたいものです。

今日は楽しいおでかけ。

休日や出勤の時に、

私はリラックスの香りを身につけるようにしています。

介護職の人は特に、

嗅ぎたくない臭いを一日中嗅ぎますからね(笑)

いい香りに対して貪欲になりました。

ただ、香水プンプンでは仕事になりませんから、

(介護職って臭いで利用者さんの変調を知ることもあるのです)

私はソリッドパフュームを楽しんでいます。

お気に入りはLUSHのDirty。

♪【LUSH】ラッシュDirty ソリッドフレグランス 12g<香水・パフューム><練り香水>

男女ともにウケがいいです、

なにこれ?お香?いい香りがするね、と言われます。

買う時に

「あ、これお寺の香りがして心が安らぐわ」

って思いました。

介護職のみなさん、そうでない職種のみなさんも、

ストレスに強い心を持って、

嫌なヤツに負かされることなく、

頑張りましょう。

愚痴が溢れたら、いつでもコメントに書きに来てくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

老人ホームで働いているびょうです。

今日は公休。

休みにはやらないといけないことが沢山あるのですが、

先日から日差しが秋になり、

今朝は秋の涼やかな風が吹いていて、

遊びに行きたい私の脳内が乱れています。

そんな中、なかなか休みが合わなかった、

いつも一緒にでかける男友達とやっと休みが合い、

朝からどこに行こうか、もう大興奮です。

秋の風というのは、

人の心を狂わせますね。

だから、これから行楽地では、土日には

長い長い行列ができて、

夏にできなかったアウトドア・レジャーに

人々が集うのでしょう。


とりあえず今日は、

豆腐三昧と工場夜景を楽しむ日になりそうです。

職場が険悪だと、

休日がダイヤモンドのように輝いて感じられる、

物事には悪いことがあれば良いことが輝くような

ところがありますね。

とりあえず、相当眠いのですが、

楽しんできたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

老人ホームで働くびょうです。

先日、介護職に就いて初めての会議でした。

いろんな改善点について意見が出されて、気が引き締まる思いです。

私も気になるところがあり発言したのですが、

対処法はエラい簡単に申し渡され、確認しようと思ったら

私の発言だけ議事録に残っていなかったのですが、

そこはあまり気にしないようにしよう。うん。


うちの事業所は、責任者は一応いるのだけど、

現場には常駐していなくて、別の事業部と兼任です。

その責任者の方がまだお若い方なので、

何か互いにクレームが上がった際の処置が、割と特殊なのです。

例えば、私が何か気付かずに不適切な処置をしてしまった場合、

それに気づいた職員さんは、私に直接言わない、

そして責任者に言いに行く。

責任者は言いに行った人ではなく、また別の人に、

私がなんかやらかしたからと、私を見張って報告するように言う。

時代劇で言うところの、間者ですな。

新しい言葉で言うと、不快感200%くらいですよ、

そう、

スパイ。

そこがモゾモゾ動かれるんですよ、そして一番肝心なのは、

私が不適切なことをしてしまっているのなら、

私に直接注意して是正しなければならないのに、

結局私はそのことを知らないし、

知る時には、これまた不快感300%で、

噂話、

で知ることになるのです。

そういう伝言ゲーム的な伝達系統になっているので、

最初の言葉自体も真偽の程はわからないし、

人というのは感情をもっているので、

伝言ゲームしている間に尾ひれが付く。

さらには、誰が誰と仲がいい悪い、というスパイスが

振りかけられるので、大概、

悪意が籠った評価に成り下がってしまう。


ここがうちの事業所の悪いところなのだと思う。


その原因のひとつは、責任者が若い女性だということ。

若いからだめ、ということはないのかもしれないけれど、

いつも他の仲良しの職員と喫煙所でひそひそ話をしています。

だから、何か勃発した時の采配が公平なものか、

あまり信用できないのです。


もしも、その責任者の立場にある人が、

いろんな公私共にいろんな経験を積んだそれなりの年齢の女性で、

職員の中でも一歩高いところから人を見ることができる人で、

それぞれが持ち込んだ相談事やクレームを、

自己で判断し、直接当人に接触して対処すれば、

ここまで険悪な職場にならなかったような気がします。


ここは、男が女が、という一種のセクハラを持ち出すのは

不適切なのかもしれないけれど、

やはり、女性の多い職場は、又聞きの又聞きのそのまた又聞きで

じわじわと広まっていくジメジメした嫌らしさがあるような気がします。


ズバッと言えば何も問題ないような気がするのは、

私が割とメンタル的に男性性だからでしょうかね。


どうも女性主体の職場というのは、

一様に、あれに似た慣習の世界です。

「京都の人に何か勧められたら二回断り、三回目にようやく受け入れる」

というやつです。

苦手なんですよねえ、こういう社交辞令みたいな慣習。

どうせ最初から受けると決めてるんだろ?

と私の中のおっさんが、ボヤきます。

そして私の周りの女性達は私を見て、

田舎者だから直接的だし、なんだかガサツだわ、と思うのでしょう。


ということで、私は今の職場に入ってから、

上の人間に仕事の査定をされたことも無ければ、

注意や指導をされたこともなく、

なんとなく、

初めての割には結構よく出来てる、と言ってくれる人と、

仕事がぜんぜんできてない、と噂で聞くこととで、

全然成長できていないのです。


そして、先日聞いたことなのだけど、

私は今まで普通に残業したらそのままタイムカード打刻してましたが

うちの職場では、時間内に終わらせられないことは良くないことなので

例えどんなに長くなっても、一旦時間になったら

タイムカードを打刻して、サービス残業するのが当たり前なんだそう。

それ、3日前に知りました。


こうして、スパイはいるは、伝言ゲームはやるわで、

とにかく発言するのにいちいち深く考えないといけません。


で、ふと気づく訳なんですよ、

私の仕事というのは、誰のためなんだろう、と。

老人ホームなんですから、もっと利用者さんのことを考えて

質の良いサービスが提供できるように考えたり実行する

ゆとりを作るべきではないのかなあと思います。

本来、お客さまや利用者さんから頂いたお金で私達の生活は

成り立っている訳なので、くだらない、

動物のマーキング行動みたいなのをやめて、

お客さまや利用者さんの為に時間を費やすべきじゃないかなと

思ったりします。


仲間内でばかり気を遣っている企業というのは、

今まででもかなりこの世から姿を消していっていると思うのですが、

まだまだ沢山あるような気がします。


人は何故、こんなちっぽけな集団の中で、

己の存在を顕示しなければならないのか、

とても悲しい生き物なのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

老人ホームで働いているびょうです。

昨日は久しぶりに一緒に入った60代の先輩との

リラックスした夜勤でした。

いろいろ人間関係で爆発してしまっている職場なので、

巻き込まれてしまった同士、いろいろ話してスッキリしました。


先日、スマホを見ていたら、ふと先日から使い始めた

サービスのアプリを立ち上げてみました。

ALBUS

大切なアルバムがいつのまにかできていく、

毎月無料の「ましかく」写真プリント


Instagramをしている人は、instaの写真が無料で

毎月8枚プリントできるのです。

プリントはとっても綺麗で、月を表すシートもあるので

とてもいい思い出になります。


P1950580_Fotor


これを数ヶ月続けていて、写真が溜まってしまいました。

ALBUSのアルバムは通常2400円なのですが、

期間限定で1800円で購入できます。

でも、私はどうしても、手触りなどが好きな

無印良品のアルバムに収めたかったんです。


で、夜勤明け2時間ほど眠ってからでかけたのですが、

うっかり写真を忘れてしまい、

サイズを確認せずに購入したら、

アルバムがちょっと…

小さかった…

でも、どうしても無印良品が良いので、

写真の周りを数ミリカットして収めてみたいと思います。


ちょっと面倒ですけど、ひと月に一回ですから、

なんとかなる、なんとかなれ。


明日で8月が終わりです。

歳を取ると坂を転がるように、

というのは本当ですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

今日は母のデイサービス。

前回二回、眠れないとか行きたくないとかで

休んでいましたが、今朝は朝早くから準備をしていました。

いつも9時半から45分頃に迎えに来るのですが、

いつも母の脳内では

「9時過ぎには迎えに来るのに」

となっているようで、

遅い遅いと悪態をついています。

それが今朝は9時丁度にピンポーンと鳴り、

いってきまーすと声がして、ドアが閉まり、

私は部屋で仕事をしていました。

そして10分ほどして、固定電話が鳴りました。

デイサービスから、迎えの時間は45分を予定してます、

とのこと。

え?さっき迎えに来たのでは?

まだ迎えに行ってませんけどお?

で、慌てて電話を切り、母の携帯に電話しても

なかなか繋がらず、長いコールの後にやっと

繋がりました。

「マンションの下で待ってる」

というので、まだ30分以上来ないんだから戻ってくれと

お願いして、一度家に戻ってもらいました。

信用しているとは言え、ドッキリしました。

聞くと、朝から敬老会のことで民生員さんが来て、

どうせだからと一緒に降りて迎えを待っていたとのこと。

あれだけ暑がりの出不精なのに、

こういう時だけは早く出ていく。

というのも、

無類のせっかちだから。

とりあえずデイサービスに行ってくれました。


認知症の人のつらい気持ちがわかる本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる (こころライブラリーイラスト版) [ 杉山孝博 ]



久しぶりに家にひとり。

楽しむ余裕もなく仕事をしましたが、

やっぱり一人暮らしの時期が長いのもあり、

ひとりの時間っていいなあ。

デイサービスの日はお昼にちゃんとした物を食べてくるので

夜ご飯も残り物だけ渡しておけばいいので

出勤前の夕飯作りに頭を悩ませなくていいですし。


今日行けばまた休み。

給料は少ないけど、他の先輩みたいに

公休月4回なんかにするほどまだタフじゃないですから、

副業しながら楽しく働こうと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ