介護施設で働いているびょうです。

7月は耐える月です。

夜勤明けにトンボ返りで夜勤に入る日は、

何か気になることがあっても、

自宅では基本的に無視。

部屋が散らかっていても、床が汚くても、

何かに手を付けると瞬く間に出勤時間になるのです。

そんな中、

先日の休みにカフェでいただいたご飯が

母の夕食の準備のお手本になりました。

IMG_20200703_000114


食事を作るのに、二人分というのは量が少なくて

ちょっと難しかったりします。

それで煮物なんかはどかっと作って耐熱保存容器に入れて

そのまま出せるので便利だったのですが…

母は最近、年齢のせいか、あまり食べません。

なので、どん!と置いている容器の

ガラス容器はとても便利なんですけどね、

見た目がこれだと…

IMG_20200629_175357

どれだけを食べたのかがわからず。

なんとなく、何も食べてないようにも見える。

そこがずっと気になっていたのですが、

おしゃれな茶寮カフェで出てきた盛り付けがこちら。

IMG_20200702_130304


IMG_20200702_130310

外には杉木立が見えて、川のせせらぎを聞きながらの素敵なカフェ。

こちらでは、お茶の産地でおばあちゃん達が作るレシピがいただけます。

おむすびは棚田米、お茶で炊いたご飯もありました。

小鉢は酢の物。

おかずはわらびの甘辛煮、支那竹、こんにゃく。

ナスの胡麻和え?と鶏肉のお茶和え?

スープがボリュームがありましたが、

玉ねぎとじゃがいものポタージュで

母は一番気に入った様子でした。
 
おかずの内容に付いては、

うちはどうかすると母が糖尿病予備群なので、

野菜中心、というのはあまりいただけないのですが、

タンパク質をしっかり入れれば、

盛り付けはこれくらいで良いのかもしれません。

ご飯も全体の量からすると多すぎですが、

ご飯を減らして蒸し鶏なので補強すれば、

こうした盛り付けなら母も残さず食べやすいかなって。

どうしても昔の癖が抜けないから、

煮物は大皿に入れて中央にどーん、

ってやっちゃうんですけどね。

難しい盛り付けは今の生活では無理だけど、

こうした感じで、

梅干しや煮干しなんかをちょっとずつ乗せていけば

栄養バランスも良いし、

食べる気も起こるかもしれません。

あと、実際に食べていると、

こうした盛り付けのせいか、

結構良く箸置きを使って箸を休めながら食べていました。

一気に掻き込むことがないのが良いですね。

40分で作って10分で食べるようなのが

どうしても多いのです。

こちら、紅茶とデザートが付いて1300円で

ちょっとお高いのですが、

自分が食事に気をつけるようになったので、

外食して参考になるものを取り入れようと行ってみたので

十分、楽しむことができました。

年を重ねるといろんなことが変わってくるので

楽しく一緒に変化を楽しみたいと思います。

今回訪れたカフェはこちら。



母も隠れ家と言ってしまう、とても静かな環境です。

高地の茶畑で害虫が少ないから無農薬が実現できる、

高級茶葉の産地なのです。




ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村