介護施設で働いているびょうです。

春が終わったから次は梅雨、と単純に思っていましたが、

そうした日本の四季はもうなくなったのかもしれません。

この雨の量…

九州では数日でひと月ぶんの雨が降るような毎日です。

スクリーンショット 2020-07-10 15.29.00


ところで。

今となっては、自粛してた時期もあったわねえ、

という感じで何もかもがコロナなど顧みずに

走り出してしまった昨今ですが、

自粛期間、いろいろ不自由でしたよね。

私も2月に髪を切ったきり、その後に美容室の予約が取れなくて

ひたすら伸びるというか、増え続ける髪にうんざりしていました。

私は髪の長さよりも量が気になる方で、

今までずっと、10年以上、縮毛矯正をかけていたのです。

人に髪ツヤを褒められるたびに、

これは人工なんですよ、嘘なんですよ、

なんて思っていました。

髪が軽くうねっているので、縮毛矯正は一生かけ続けないと、

とも思っていました。

それが、できない!

コロナの時はほんと焦ったし大変でした。

以前は一時期、マツエクもしていたのですが、

面倒になってしまい辞めたのですが、

マツエクしてる方や、白髪染めしている方にとっても

美容室に行けないストレスって凄かったと思います。

そして、自粛期間が終わって、

やっと美容室に行けると思ったのですが、

私が10年以上お願いしていた美容師さんからは

連絡が入らず、彼女はお店で働いて無くて、

プライベートで予約して椅子貸しで出てきてくれるので、

どう連絡しようか躊躇していたのですよね。

そんな中、どうしても髪を切りたかった私は、

以前友達に勧められて興味があったお店に連絡をしました。

いつもは名刺を貰ってもすぐに無くすのに、

その時はなぜか、1年ほど財布に入れたままだったのですよ。

そして無事に予約が取れて、久しぶりに美容室に行ったのです。

そこで、縮毛矯正とカットのお願いをしたのですが、

そのプライベートサロンのオーナーさんが、

「うーん、これくらいなら矯正かけなくてもいいけど?」

とおっしゃいました。

え?と思ったけど話を聞いていて、

毛量ばかりにとらわれず、フォルムで改良していけば

これくらいなら大丈夫ですよ、

って言われて、それならば、と縮毛矯正をかけずにカットだけ

お願いをしてみました。

確かに、できあがりは、別に矯正していないけれど

ちゃんとボブになっています。

なんか凄いなあと思っていたのですが、

その後、ひと月経っても崩れないんですよ。

ただ、元々髪の量が凄いので、

だんだん耳にかからなくなって、

いつもはふた月に一度なんだけど、

いつもの人よりカットがとてもお手頃価格で、

かつ田舎にあるのでいつもみたいに電車賃がかからない。

気軽に行けるのでまたカットしてきました。

10年以上ヘアカラーしてないこともあり、

髪の状態が良いので、今のまま自然なカットだけで

整えることができるらしいのです。


髪と言えば、

どうしても年を重ねると色もボリュームも気になって

なんとか施術を重ねて若く見せようと頑張ってしまいますが、

コロナで世界が止まってしまってから、

自分自身と向き合わなくてはならなくなりますよね。

男性ならばかつらを着けたり、

スーパーミリオンヘアーとかね、大変な思いをして

繕いたいんですよ。

でも、今回のようなきっかけで、

素の自分になった時、

全てを捨てて自分らしくなろうと決めると、

何だかとてもすっきりしますよね。

コロナでいろんなことを手放すことができましたが、

より自然に自分を受け入れることができた人は

その後の生活が激変してるかと思います。

私も「縮毛矯正しないと恥ずかしい髪」から

「多少うねりがあるけれど艶のある美しい黒髪」に

自覚が変わりました。

コロナ後の世界、いろいろ大変ではありますが、

得るところも大きいです。





ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村