昨日は友達と忘年会的な食事会でした。

本当はいつも沢山の友人と女子会忘年会なのですが、

今年は諸事情あって3人で。

みんな高校時代の友達なので、年が一緒なのはもちろん、

学力も学校の中では様々ですが、厳しい進学校を出たのは一緒。

なりたて介護員の私と違って、みなさん立派な職業で、

少し捻くれていた私です。


で、来年、クリニックを開業する友達と話していて、

私が厚生年金欲しさに就職したことを話すと、

「私は国民年金だよ」と。

14年勤務した病院では嘱託だったので厚生年金には入れず、

社会保険に入れて貰えてラッキー、くらいのものだそう。

個人経営の小さなクリニックなので仕事も自分の専門とは

違う雑用的なものまで何でもこなさないといけないそう。

だけど仕事はかなりハードで毎週木曜日が休みなので

友達と遊びに行くこともあまりできず、

有給休暇も取れなかったのでレジャーの思い出は少ないとのこと。

国民年金だけでは心もとないので、年金基金などかなり高額に

払っていると言っていました。



その帰り、別の勤務医の友人からも偶然LINEが来て、

そういう話になり、聞くと、

その友達も嘱託なのでボーナスも退職金も関係なし。

さらに地方独立行政法人のため、町長との兼ね合いがあり、

近々院長が退職予定で他のドクターも退職するらしく、

負担が増えることを避けるために彼女も来年は転職だそうで。


話だけ聞いていると、薄給でも3Kでも、

私って結構良い仕事してるじゃなーい!

と思ってしまいました(笑)

ほんと、大変じゃない仕事はないし、

ドクターなんて聞こえは良いけど、命を扱う仕事だから

責任も重いし、大変だなあ。


他にも、商社勤務の友達は旦那さんが無年金というし、

普段話さないだけで、どこの家庭もなんかありますなあ。


一番厚遇されているはずの教員の友達はかなりの頻度で鬱。


こうしてみると、人のことなんて羨んでないで、

自分の人生をしっかり生きなくてはと思います。

明日は今年最後の勤務。

楽しんで行こう!

50歳で転職できただけ私はラッキー(*´∀`*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村