老人ホームで働いているびょうです。

前のブログにも書きましたが、

私はテレ朝の「あいつ今何してる?」という番組が好きです。

日頃あまりテレビを見ないので、この番組でしか見たことがない

人もいるのですが、そのエピソードでちょっと好きになる人も

います。先日の川口春奈さんとか、すごく親近感湧きました。

昨日は、吉田鋼太郎さんで、さほど見ない方なのですが、

ぎり、知っている人。

高校の時に好きだった女性と文通していたのに、

突如文通が終わってしまい、宙ぶらりんに終わった恋の

その後、という触れ込みで、

食後にリビングでガン見してしまいました…

その相手という女性が、

女の自分から見ても、当時は純真無垢な感じで可愛らしく、

59歳になった今も、エネルギッシュで大人可愛い、

とても素敵な女性でした。

己を振り返って、もう少し頑張らんと!と思ったりして。


そんな私にも、実は、びっくりしたエピソードがあるのです。

IMG_5888



以前は私はmixiのユーザーで、当時はあのサイトで、

バラバラになっていた同級生が名乗りを上げて、

沢山の再会がありました。

そんな一人で、高校時代の同級生の男性とやりとりをして、

帰省の時に会いましょう、という話になったんです。

街中のショッピングビルのエントランスで待ち合わせたその男性は

確かに見たことある。

写真部の人でした。

私は気軽に「当時はやりとりありませんでしたが、よろしくね」

と挨拶すると、

相手の方は困ったような顔をして、

「僕、あなたが盲腸で入院した時に二度御見舞に行って、

あなたのお母さんにも挨拶しましたよ」

え?

ごめんなさーーーい、と誤魔化し笑顔でやり過ごしたのですが、

さらに、

「卒業式の時に門のところで話をしましたよ」

と。

卒業式の日は、部室が隣同士だったESS部の友達とその後輩の男の子と

一緒に帰って、送ってくれた地下鉄のドアが閉まる瞬間を

昨日のことのように覚えています。

その ESSの女子とは今でも仲良しだし、後輩の男の子はその後、

私のヨガの先生をしているので今でも仲良し。

でも、ああ、そう言えば、そんなこともあったような…



さらに。


一緒に、人気のある素敵なお店で飲みながら、

「実は僕、あなたに謝りたいことがあってずっと思っていました」

をを?

当時、中学校でトップの成績だった自分が、

学区内のトップが集う進学校に入学して、

あまりに熾烈なトップ争いに疲れて、どうでも良くなって

ビリ5くらいに成績が下がっていた自分なのですが、

彼も成績低迷に悩んでいたのです。

そんな中、ふたりとも呼び出しを食らって、

一緒に椅子に座って待っていたのですが、

どうやら私が、気を利かせて、

「頑張ろうね」

的なことを言ったらしいのですが、

彼はそれがとても悔しい&恥ずかしいので、

どーでもいい、みたいなことを言ってしまったらしいのですよ。

それをずっと詫たいと思っていたそうです。


そして、さらに。

当時、それを謝りたいと思い、

修学旅行の時に、私を探して私と同じクラスの男子に

「びょうさん、どこ?」

と聞いた所、

「びょうさん、休んでて、旅行来てないよ、と言われた」

そうなんです。

そう、私、集団行動が嫌いで、

修学旅行、さぼってたん、で・す・よ(笑)

「僕はショックで、善光寺をトボトボ歩いた思い出があります」


でまあ、大人になってから聞くと、

その時に私が真面目に修学旅行に行っていたら、

謝罪以外にもありがたい告白が聞けたはずだったらしいんです。

当時、ロック少女で、近隣の男子校の友達とライブハウスに

行くしか脳がない、イケてない女子だった私が、

告白されるはずだったんですよ、

なんでサボったんだ、私っ!


ということで、

ここでリクエストをご紹介しましょう、

斉藤和義さんの「ずっと好きだった」

ラジオ番組かいっ




彼は大学卒業してから結婚して、今年大学を卒業する息子さんがいて、

首都圏にマンションも購入して立派な社会人を突き進んでます。

変な関係ではなく、

今でもとても仲のいい友人として、

お互いが困ったり凹んだりしている時は、

電話やLINEで励まし合っています。

彼は大手企業に勤めていたのだけど、その後業績が低迷して、

彼の部門は先日、異業種に買収されて、

ついこの間、50歳にして転職を果たし、奮闘中。


今度の旅行では他の同級生も交えてみんなで飲み明かす予定です。


これだけ生きていたら、こういう話も出てくるんですね。


と、昨日テレビを見ながら、ふと思い出した私の昔話でした。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村