カテゴリ: 親の介護

老人ホームで働いているびょうです。


今日は父の命日。


昔、10年ほど前になりますが、

私は隣の政令指定都市の中心地からほど近い街に

ひとりで住んでいました。

自営業で一人気ままな生活、夜に出かけることも多く、

また、当時は仲の悪い姉が実家に出入りしていたこともあり

私は実家に帰ることはあまりありませんでした。

ところが、

その頃、父が急激に痩せてしまい、

行きつけのかかりつけ医に見せてもピロリ菌と言い張ります。

でも、あまりの痩せようにセカンドオピニオンとして

大学病院で検査を受けると、

大腸と肝臓に癌があることがわかりました。

いきなりの余命半年。

闘病生活になる、ということで、

母が不安に思い、私が実家に帰ることに。

実家と言っても両親が賃貸していた家で、

私は住んだことがない田舎町。

悩んだけれど、当時持っていた荷物のほとんどを処分して、

両親の家に引っ越しました。

その時に大切なインテリアなどほどんど処分してしまったので、

当時は気持ち的に、絶望に駆られていました。

父が入院し、母だけが残る家に着いた時に、

母が一人、どうしたらいいかわからない顔で

リビングに座っていたのが昨日のように思い出されます。


しかしながら、たまたま当時出たばかりの抗がん剤が

劇的に効いて、父はその後、持ち直し、

当時からやっていた鳶職を辞めること無く、

6年、生きました。

抗がん剤を打ちながら、肉体労働している父、

後半は足場組の仕事は辞めて、シルバー人材センターで

植木の剪定をしていました。


最後の頃には、大学病院に入院したのですが、

その病院での仕打ちがあまりにも理不尽だったこと、

終末期になったので、ホスピスへの転院を迫られたことから、

父を家に引き取り、訪問看護を探して、

自宅で父を看取りました。

その時、母も、関東で暮らしていた姉も、

父の介護はできないと介護を拒否。

病院で清拭など練習して、最後まで私が介護をして、

看取ることができました。


その時にとてもお世話になった訪問看護のナースの方々が

本当に良くしてくださって。

真夜中に急変すると、すぐに来てくださり、

せん妄で混乱する父が眠るまで、

2時間もずっと父の身体をさすってくださったりしました。

最後の頃は私も24時間、いつでも呼ばれるし、

父は内臓が癒着して激痛があるからモルヒネを処方されているのに

身体が丈夫なものだから、歩けるのです…

歩いて外に出ようとするのを止めて、

夜も昼もない介護生活でした。

誰に頼るにも、家族は介護拒否しているし、

訪問看護のナースや医師が来ると、

顔を見ただけで、涙が溢れ出して。

口々に、よくやってる、無理しないでねと

かけてもらえる優しい言葉だけで、

やっていけていたと思います。

介護の資格をとる時に勉強した、

レスパイトケア、という言葉、学校で見た時にちょっと泣けました。


4年前の10月22日、父が息を引き取り、

医師に連絡をして来てくださった時、

死亡の診断を貰った後、先生が自ら、

死後の処理をしてくださいました。

一緒に来ていたナースがびっくりして、こっそり教えてくれたのですが、

医師が自らそういう処置をすることは滅多になく、

ありえないくらいいい先生だったそうです。

父はその先生のことがとても好きで、

自分が大相撲の仕事をしていた頃に大切にしていた、

大量の大入り袋を額に入れて飾っていたのを、

先生に上げるのだといって自慢げに話していたのです。

父の宝物を貰った先生は胸が詰まっていたようで、

本当に最後まで良くしていただきました。


その時、普段自分や家族が健康な時には、

その存在を知ることがなかった訪問看護という世界に

感動し、そういう尊い仕事があるんだということを知り、

私も看護師になりたい、と心から思いました。


そして、まったく別の理由から今年、介護職に挑戦したわけですが、

この父の自宅介護がなければ、

私は自分が人の下の世話ができるかどうかなど

わかる訳もなく、怖くて応募できなかったと思います。

介護の資格を勉強した時には、

どれもこれも、父の介護の時に経験したことばかりだったし、

終末ケアについては、現代では実際に経験する人は

ほとんどいないということで、

滅多にない機会を父がくれていたことを知りました。


だから、今この仕事ができているのは

200%父のおかげなのです。


当時は、仲のいい親子だったんですねとよく言われましたが、

私は父と特に仲が良いわけではなかったし、

むしろ、お互いに興味ないし、子供時代を振り返ると、

見捨ててもおかしくないような関係でした。


それでも目の前に病人がいれば、

なんとか助けようとする、

人間は愚かで、

そして、

優しい。

そういうことを身をもって知ることができたのです。


父とのことはとても一度で書ききれるものではないので、

追って書いていきたいと思います。


Facebookで4年前、

「今、父を見送りました」

という投稿に、友達から沢山のコメントをもらいました。

今朝、読み返していたら涙が溢れました。

今も涙ポロポロです。


姉の投稿にも父のことが書いてありましたが、

姉は一度も父に触れることなく、

同じ家に泊まることもなく、

悪臭や死の気配が漂う部屋に関わることもなく、

優雅なホテル生活でした。

そこは、今でも私は納得できていません。


今日は夜勤明けにショッピングモールで、

白いポンポン菊と紫の桔梗を買ってきました。

今時、花って高いですね…


それでも、父にお礼が言いたくて。


改めて、父にありがとう、と伝えることができました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村 

老人ホームで働くびょうです。

昨日今日連休だったのですが、

昨日入っていた副業の仕事が当日の朝にドタキャンになり、

昨日はなんともしれないのんびりした一日を送りました。 

夜になると、なんかすることないなあと

実際には断捨離や掃除が必要な部屋で思い始め、

ぽっかりと心に穴が空いてしまいました。

いつもなら銭湯でもいくか、と出かけたりするのですが、

なんだか別に疲れていないし…

そう。

疲れていない、暇な時間。

あれほど欲しかったのに、

実際に手にするとそこには地獄のような

「暇」

が待っていました。



日頃、楽しく働いて人生を満喫していますが、

忙しくしていないと勿体無い自分がいて、

その勿体なさの原因は、

「自由を満喫するためのおひとりさまなんだから、

 自由を謳歌していないといけない」

というある種の強迫観念のようなもの。


別に好きでおひとりさまを貫いている訳ではありませんけど、

配偶者や子供がいる人は、

私達の歳から、子供の成長や成人など

収穫の時期を迎えます。

私は訳あってではありますが、

種まきしていないから、

収穫もないのよね。


それでも人の収穫を祝いたいし、

羨ましいなんて思っちゃいけない、

だって何もしてないもん。


だからこそ、今は独身貴族を、

嘘でもいいから演出していたい自分が、

そこに居たみたいです。


それとあとひとつ。

最近、母が食事をあまり摂らず、

以前姉に相談した時には、

「どこの世界に、わざわざ人が一生懸命作った料理が

 テーブルに載っているのに残すものか」

と姉に言われたんです。

いるんですよ、うちに。

旬の焼き魚や身体に大切なタンパク質を考慮して、

眠たい夜勤明けに頑張って買い物して、

愛情込めて作っても、

ちょっとだけお米を食べて、

あとは決まりが悪そうに、

「歳を取ると食欲がなくて…」

とほぼ手付かず。

それを捨てる時の寂しい気持ちを

母はまったく考えてくれてなくて、

そう、

最近それがストレスになっていたんですよ。


介護、とまではいきませんが、

もうお金のやりくりや家事ができなくなってしまった母。

それをカバーするために、

私は自分の楽しみとか結構減らして頑張ってしまっていました。

本当なら友達の家に泊まったり、

好き勝手に出かけるところを、

夕飯作らないと、

とか、

意外と我慢してたんだ、私!

最近ドライブも一緒に出かけるのが楽しくて、

しばらく一人で出かけてなかったし。

以前はドライブしなくても

商品の仕入れでしょっちゅう一人ででかけていたのに。


私に必要なのは、

自分へのレスパイトケアでした。


今日は広島に行く予定だったのですが、

同じアーティストのファンである友達に

数か月前から声をかけていて、

先日業を煮やして連絡したら、

仕事を辞めて時間は沢山あるけど、

忘れて予定を入れてしまった、

と言われたのもひとつのストレスでした。


それに、広島までお金も少々かかるし、

どうしようかなあ、

と昨夜ずっと考えているうちに、

上記の理由により、なのか、

軽いうつ状態が入ってきていたのです。

夜にライブを見て、帰ってこれるかなあと心配もあるし。


また、もう一つ、

昨日少しやり取りしていたのだけど、

以前プロポーズしてくれた男性と、

付き合うまではないけれど、

一緒に居たいと言われたので、

付き合う方向で話をしていたのだけど、

誘われるのが、

「肉行こう」「肉を食べたいね」

と肉食ディナーばかり。

別に友達と考えていたらそれでもいいんだけど、

それ以上をと言われたら、

日頃の電話やメールでお互いを助け合いたいと思う自分がいて、

これもまた、

暇になった弊害なのだと思います。

別に食事じゃなくても、

夜にちょっと会って話したりしたいし、

それは言ってくれれば私は自分で動く方なんです。

私は肉食友達ってことなのかなあ。



と・か・ね。

人間暇になったらろくなことがありません。


今日あるライブのアーティストはめったに東京から出てこないのですが

来月も熊本に来ます。

ただ、

来月のことを考えるのは今でも辛くてたまらんのですが、

一人、夜勤者が辞めるので、

希望休が取れない場合があるんですよ。

もしも。

考えたらぞっとしたり。


ということで、お金もあまりかけられないけど、

今日は広島に行ったほうが、

たぶん私のためなんでしょう。


母はデイサービスのはずなのに、

今日もサボると言っているし、

家に居たら、大切な連休が、

無駄になってしまいます。


ライブのために服も用意していたし、

明日は夜勤入りだけど、

遅く帰っても大丈夫だし。

これは行くしか無いよね。


ということを悶々と考えていた夜でした。

ほんと、人の心って取り扱いがとても難しい。

毎日元気にやる気満々で生きてこられたことに、

改めて感謝です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



50代おひとりさまのブログが読めるランキングはこちらのバナーから。
   ↓↓↓
  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

50代の方の生き方についてのブログはこちらから。
↓↓↓



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村





IKEA・無印良品・ニトリの素敵な収納についてのコミュニティはこちら
にほんブログ村テーマ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリアへ

イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア


ブログ村最大の無印良品コミュニティ



にほんブログ村テーマ * 無印良品( MUJI )との生活 *へ
* 無印良品( MUJI )との生活 *



 



 

今日は母のデイサービス。

前回二回、眠れないとか行きたくないとかで

休んでいましたが、今朝は朝早くから準備をしていました。

いつも9時半から45分頃に迎えに来るのですが、

いつも母の脳内では

「9時過ぎには迎えに来るのに」

となっているようで、

遅い遅いと悪態をついています。

それが今朝は9時丁度にピンポーンと鳴り、

いってきまーすと声がして、ドアが閉まり、

私は部屋で仕事をしていました。

そして10分ほどして、固定電話が鳴りました。

デイサービスから、迎えの時間は45分を予定してます、

とのこと。

え?さっき迎えに来たのでは?

まだ迎えに行ってませんけどお?

で、慌てて電話を切り、母の携帯に電話しても

なかなか繋がらず、長いコールの後にやっと

繋がりました。

「マンションの下で待ってる」

というので、まだ30分以上来ないんだから戻ってくれと

お願いして、一度家に戻ってもらいました。

信用しているとは言え、ドッキリしました。

聞くと、朝から敬老会のことで民生員さんが来て、

どうせだからと一緒に降りて迎えを待っていたとのこと。

あれだけ暑がりの出不精なのに、

こういう時だけは早く出ていく。

というのも、

無類のせっかちだから。

とりあえずデイサービスに行ってくれました。


認知症の人のつらい気持ちがわかる本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる (こころライブラリーイラスト版) [ 杉山孝博 ]



久しぶりに家にひとり。

楽しむ余裕もなく仕事をしましたが、

やっぱり一人暮らしの時期が長いのもあり、

ひとりの時間っていいなあ。

デイサービスの日はお昼にちゃんとした物を食べてくるので

夜ご飯も残り物だけ渡しておけばいいので

出勤前の夕飯作りに頭を悩ませなくていいですし。


今日行けばまた休み。

給料は少ないけど、他の先輩みたいに

公休月4回なんかにするほどまだタフじゃないですから、

副業しながら楽しく働こうと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私の家は大丈夫なのですが、うちの周りから内陸に入る方に、

かなりの豪雨の被害が出ています。

雨はさほど酷い実感は無かったのですが、ニュースを見ると

かなりスポット的な豪雨だったようで、心配です。


昨日は夜勤明け、2時間寝てから別の仕事に行ったので

夜は8時ごろからだるくなり、ちょっと寝てから仕事のつもりが、

台風後の豪雨の影響で、起きるたびに大きな雷が鳴って、

以前落雷でPCを壊した経験があるので、もう少しもう少しと

寝ているうちに12時間も寝てしまいました。

寝すぎてきついのですが、実際にはおしなべて見たら

寝過ぎではないんですよ、たぶん。


疲れからか普段食べない炭水化物が欲しくなり、昨日は仕事の

途中でコンビニでパウンドケーキを食べてしまい、

余計気持ちが悪くなりました。


糖質制限も3年続けていますが、これがないときつい介護職は

成り立ちませんので、改めて炭水化物は減らさないとです。



昨日、朝に帰って暑い部屋で汗を流しながら寝ていたら、

隣のリビングに行くと、エアコンでひんやり。

一言くれれば開けたのに、ちょっと悔しい。

悔しさを胸に秘め、出かけて、帰ったらエアコンでひんやりだ!

と帰宅したら、母がエアコン消しているという…

扇風機じゃないんだからつけたり消したりしないで、

一旦つけたらずっとつけていて、とお願いしているのに。

つけたり消したりは、一番コスパが悪い使い方。

「消したのを覚えていない」という認知症を逆手に取った言い訳が

また暑さをさらに加速させます。


同じ家に住んでいるのだから、

一緒に気持ちよく生活しよう、

という気持ちが欠如している母。

私と母は同じ部屋にいても暑い寒いを感じる温度が

全然違うのです。

相変わらず自分のことだけを考えている母。

自分だけのことを考えているのに、薬は飲み忘れる。


嗚呼、今日も不快指数200%です。

今日も夜勤。そろそろ疲労が溜まってきました。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

今日は午前中で仕事を終わらせて、

市役所で国保の保険証を返納し、

還付金が振り込まれるとのお話を聞き。

かんぷきん、かもーん♪

ほんのちょっとですけど、嬉しい響きです。

それから、せっかくのお休みですので、ちょっと近くの市の

小さな動物園を見てきて、楽しかったです。


で、家に帰ってみたら、いつもテーブル周りにいろいろ置いて

汚い堤防を築いている母がきれいにしている…

誰か来たのか聞くと、母のケアマネが来たらしい。


聞いてないし。


前回、あれだけ大騒ぎして謝罪して大変だったのに。

「納得がいかないこと、その後」

http://kaigo50.blog.jp/archives/2261495.html




母のケアマネはやはり、来訪の連絡を

数分後にはすべて忘れてしまう母に、

連絡をするらしい。

私とはLINEのやり取りもしているので、

何秒かで連絡はできるんですけどね。


ここまで来たら、嫌われてるのかな(笑)

でも、私も決して好きではないので、

別に、いいかな、いいよ、たぶん。


もしかしたらケアマネさんも

若年性認知症が来てるのかもしれない、

忙しいらしいからね。


もう、悩まない。

むしろ、これからのこともすべて、私抜きでやってくれたらいい。

なんなら、お金もケアマネさんが勝手に払ってくれないかなあ。

だって、小さいお金とは言え、デイサービスを週に二回にするなんて

私は承諾してないけど、勝手に契約されてますからね。

ケアマネが勝手に契約し、母はドタキャン癖があるので

2回に1回は勝手にキャンセルして休んでいる。

まあ、みんな好きにしたらいいです。

お陰で私は遊べたし、全ては前向きに。



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ