介護施設で働いているびょうです。

じっとり暑い日が続きます。

コロナの感染者増加もとどまるところを知らず、

楽しい夏とはとても言えない、

身体も心もじっとりとした夏になりました。


スクリーンショット 2020-08-04 12.27.17


そんな中、先日は休みだったので、

遊びに行ってきました。

一応、職場からは、

介護職員として節度のある行動を、

と言われているのですが、

こちらも人間です。

ずっと家と職場の往復で生きている訳にはいきません。

私のところに来る介護職の転職サイトからは

「夜勤がない人気の求人」

なんてのが沢山来ます。

夜勤手当で食べている私としては、そんな求人は

邪魔でしかないのですが、

世の中でどれほどの人が、夜勤を嫌だと思っていることでしょう。

人がやりたくない仕事のトップに食い込みそうな職業の中で

さらに忌み嫌われるストレスの最も多い仕事です。

まず、家族がいる人は夜勤NGですものね。

私としては、40-50代で子供が自立してるなら、

旦那はサバ缶と発泡酒渡しときゃなんとでもなるし、

この際、家事を覚えてもらう意味でも放置推奨なんですが、

「家族がいるからあ」

が夜勤を断る最適なワードですからね。

そもそも夜間に働きたい人間なんていません。

子供が入ればもちろん夜には働けないし、

夜に働くと生活リズムが崩れるから

止めたほうが良いよ、とわざわざ言ってくる人もいます。

実際、夜勤で病んで離職する人は自分の周りでも多いのです。

しかし。

50代独身資格無し(あ、MOUSは上級持ってます、EXCEL得意)で

手取り20万も貰える仕事は他にないですもんね。

この20万は最低賃金の低い地方の金額なので

首都圏の方だと換算30万くらいの価値があるんじゃないかな。

何しろ、私、時給900円ですからね。

それでも前の施設の最低賃金の時よりずっといいですけど。


夜勤の仕事、生活リズムが崩れるのできつくはありますが、

お風呂の介助はないし、

基本みんな寝てるので、日勤ほどの運動量がありません。

体調不良者が居なければそこまで神経質にならなくてもいいです。

今の所、うちの施設には

ナースコールを連発する人やセンサーマット対応の方はいません。

なので、何も無ければ早い時間から

じっと目を閉じて身体を休める事ができます。

ただ、うちは人数が多いのにワンオペ(一人夜勤)なので

朝の介助を始める時間が早いのです。

そこから動き始めるまでが一番ストレスがかかります。

前の職場でも夜勤の大先輩のみなさんも、

4-5時には「嫌な時間が来たね」と言ってたし、

その時間になると、

アレルギーのくしゃみや蕁麻疹がものすごい勢いで

勃発するのですよ。

身体が全力で拒否していますw

もちろん嫌ですよ、

でもね、やっぱりある程度のお金が無いと生きられない。

生活の質も保持したいし。

ストレス過多でも、惨めな生活はしたくないのですよ。

もう、これは人体実験と割り切って、

「お、ここに来たか」

とか楽しんじゃっている感じですよ。


そんな毎日なので、

例え台風でもコロナでも、

休みの日は遊ばせていただきます、

と私は公言しています。

遊びは私の生きる為の糧なのです。


という長い前置きで(笑)

かき氷を食べて滝を見てきました。

一番好きなのは水源地なんですが、

滝もよろしいですね。

IMG_20200803_134211

水しぶきが作り出す風が最高でした。

IMG_20200803_131904_copy_800x600

これはかき氷。

モカとピスタチオのシックで大人の味でした。


報道だけ見ていると疫病蔓延で出にくいですけど、

ストレス発散しないと別の病気になりそうなので

上手く気分転換していきたいと思います。



ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村