私の愛する大切なみなさん

いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

…ちょっと言ってみたかっただけなんですけどね。

スクリーンショット 2021-04-07 0.37.37


昨日の夜勤は何となく身体がだるいなあと思いながら

仕事をしておりましたの。

出勤時に体温を測る規則になっているので

出勤時には平熱だったのですが、

気になるので夜間、また体温を測って、

わたくし、卒倒しそうになったのですわ。

【38.0度】

風邪の症状は無いし、

ある症状はいつもの膀胱炎なので、

やつが来たか、と思って体調の心配はしてないんですけど、

(このコロナ禍の中、

 私はこのまま仕事していいんだろうか)

という疑問で頭がいっぱいになってしまいまして。



どうしようか悩んでいたら、

LINEで相談した友達が、

「今日、夜勤じゃないから行けるよ、

 変わってあげるから帰りなよ」

と言ってくれたではありませんか。

内心、パニックを起こしていることもあって、

頼もうかなとも思ったのですが、

彼女は別の施設で日勤をして帰ってきてから、

翌日も日勤とのことで、

その間に夜勤を替ってくれるとのこと。

そのキツさに比べたら私のキツさは大したことがないのです。

なんとか、なんとか熱だけでも落とせないだろうか。

実はいつも簡単に解熱できる

相性バツグンの抗生物質があるのですが、

先日の旅行で服用したこともあり、

もう残ってなくて。

昼間は寝ていれば疲れは取れると思ったし、

何よりもきつくて病院に行く気力がなかった私。

もしかしたら、バッグに残っているかも知れないと

必死に捜索しましたところ、

会社に備えていた薬のバッグの中に

1錠見つけました。

すぐに服用すると、

ものすごい勢いで解熱できて、

ホッとしました。

別に無理に解熱した訳ではなく

泌尿器系の抗生物質で体調が戻ってきたんです。

その後は、普通に仕事をしていたのですが、

起床介助を終えてからの

戦場のような食事の配膳下膳が終わり、

なんかもう、掛け声を掛けないと動けない自分の

ずっしりとした身体の重さに驚いて、

忙しい時間が過ぎてから

少しだけですが、早退させてもらって

そのまま病院に行きました。



いや、本当に、

何が怖かったかというと、

発熱してしまうと病院に入れなくなるじゃないか、

ということで、

コロナの流行から2年目、

確実に時代は変わってしまった、

と感じましたよ。

人によっては、病院に行っても一旦は保健所に相談しろ、

と言われる場合もあるそうです。

しかし、普段から発熱を伴う持病のある方は

かかりつけ医への受診だとさほど厳しくないという

話も聞いて、

昔に比べてかかりつけ医の重要性も感じました。

私は普段、あまり病気をしないもので、

かかりつけ医というのは特にないのだけれど

高校生の頃から泌尿器系が弱くて腎盂腎炎をしたり

していたので、家の近所の泌尿器科だけは

何年も通っているのですよ。

いつもどおりに検査をして、

いつもの薬を貰ってきました。

今回は疲労が抜けないので、

一日、しっかりと臥床しておりましたよ。

年には勝てないというのはこういうことですね。

本当は宇多田ヒカルの新しい歌を覚えるべく、

ひとりカラオケでも行きたかったのですが、

無理をするといろんな人に迷惑をかけると

実感した今、

ぷち療養中なのでした。

抗生物質で体内の菌のバランスが崩れたのだと思いますが、

服薬してからこちら、

ずっとお腹を壊してしまい、

いろいろとファビュラスな夜勤でありましたことよ。




※自宅での検温はこちらの体温計を愛用しています。

ぴ!で測れるので体調が悪い時にはストレス無くて良い商品です。
 


かかりつけ泌尿器科のちょっと変わったマッドドクターが言うには

同じように免疫低下で膀胱炎やら歯痛やらを

併発している人も今は多いし、

季節の変わり目で膀胱炎や尿路感染症になる人が多いらしいです。

身体が元気なら細菌には負けない人間も

疲れが出ると白旗を挙げなくてはいけません。

寒暖差も激しい今の時期ですから

どうぞお身体にお気をつけくださいませね。





ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村