介護施設で働いているびょうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

※ブログ村のランキングに参加しています。
タップ・クリックいただけると嬉しいです。
 

スクリーンショット 2021-04-15 14.53.55



花が咲き乱れて一見暑そうな毎日ですが、

実際には思ったよりも寒いですね。

夜の仕事なので何を着ていいやら混乱しています。



そんな中、

友達(56歳男性)が無職になりました。

辞めた職場に入る前は

同じ職種だったにもかかわらずその職場では

ほとんど休日がないのに手取りが19万円。

さらにその仕事に就く前には、

長らく無職の時期が続き、

その時に借り入れたお金や

シングルファーザーなので子供のことで

必要なお金を借金し、

返済が必要なお金は今でも数百万あるそうです。

そもそも、二世帯住宅で親の庇護のもと

家賃もいらずに生活しているのに

借金ができることが私には理解不能だったのですが。

そんな中で、

同じ仕事をして手取り30万になったというので

友達として私も喜びました。

そしてこれは余計なお世話なのですが、

借金があるというので、

私だったらその10万は無かったと思って

繰り上げ返済するなり、

しばらくは質素な生活をしてでも

老後に負債を残す事はしたくないと考えます。

しかしその友達は

それから、元々多かった外食が増えて、

何かにつけ外食の投稿、話題もどこどこの何々が旨い。

あまり外食自体に興味がない方なので

なんとなく話す機会も減りました。



その後、

久しぶりに会った友達は、

どうも鬱らしい、と言い出して、

仕事に就くと記憶が曖昧になったりと支障をきたし、

4月一杯で仕事を辞めたということでした。

たぶん、本人は頑張れるところまで頑張ったと思うのだけど

もうちょっと何とか、一旦休職とか、

上手い手はなかったのかなあ、

56歳で求職活動は厳しいですよ(介護職を除く)

その借金さえ無ければ実家暮らしなのだけど、

借金は定年までに返せる見込みが薄いと

前に聞いたのです。

話しているうちに、

こちらまでドキドキしてきて、

もうそろそろ年金の話も出てくるし、

借金と収入のバランスが大切ですから、

年金の見込額はどれくらいなの?

と聞いてみると、

「知らん」

とのこと。

何だかね、友達と思って心配していたけれど

がっくり脱力してしまいましたよ。



にほんブログ村の50代カテゴリでも、

それぞれの立場から、

今後の見通しを考えている人がほとんどで、

私はまあ、見通しが立たないので

死ぬまで働く覚悟を決めていたりするのだけど、

それも知らずに、

どうやって生きていくのだろう、と呆れてしまいました。

いい仕事に就いても何があるかわからないし、

病気や災害も考えられるし、

昔と比べて、さらに厳格な見通しが必須の時代になっているのに。

ブログカテゴリ内でも

60歳から年金で生きるという人もいて、

一体どれだけ払い込めば

60歳から生活できるほどの年金がもらえるのだろうと

興味が湧くところではありますが、

確かに商社や教員の方はそこからが夢のリタイヤ生活ですもんね。

でも、職場の友人に聞くと、

いくら長く年金を掛けていても

払い込んだ金額が少ないのだから

死ぬまで働かないと食っていけないよ、

という人がほとんどです。

そこまで考えると、

その友達は仕事を辞めたんだろうか、

なんて考えてしまいます。

人生の選択はあらゆるところにあって、

そこまで借金をして学校に通わせた娘さんも

周りの反対を押し切って、

本人が望むからと私立の短大に通わせたのですが

そこからの就職が、

まさかの派遣ということで、

私以外も周りのみんなが

少し浪人してでも何で正社員を選ばなかったのか、

非難轟々だったそうです。

今はそれほどまでに正職の道は険しいのかしら。

当の本人は、危機感が無くて

バンドの今後の話なんかをしているけれど、

「とりあえず髪を切れ!」

と昔と同じことを言いました。

家族からも同じことを言われているそうだけど

そののんびりしているところが

この人の個性なのかな、

なんて思います。

一緒に居たら私がストレスで倒れる気がする…

かくいう私も、

いつ夜勤ができない身体になるかわかりませんし、

60代に向けて、いろんな選択肢を持たないといけませんし、

まずは今年は、仕事の幅を広げるために

資格試験の勉強を頑張ろうと思います。



ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村