介護施設で働いているびょうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

※ブログ村のランキングに参加しています。
タップ・クリックいただけると嬉しいです。
 

スクリーンショット 2021-04-18 13.34.14


先日、病院に行った時に、

連休のお休みのお知らせという張り紙があって

長いお休みの図解が貼ってありました。

「げ!お正月の張り紙が貼ったまま!」

と思った私に、

GWという概念はほぼ無くなっていました。

GWは Go Work ですよね。

だって途中に1日だけしか休みないです。



そんな中、

母がテレビが好きなのでリビングのテレビがついているのを

たまに見ます。

食事中も仕方がないのでつけています。

そしてニュースを聞いていました。

最近はニュースとは言ってもスポーツや

芸能人の結婚や出産の話題も多く、

ニュース、ではない気がします。

そしてそのニュースで、

コロナ関連の話題が出た時に、

最後の締めに

「みなさん、不要不急の外出はやめましょう」

と言いながら

「では、次のニュースです。

 小倉城の桜が満開になり、沢山の人が訪れています」

なんて言っていたんですよ。

「はあ?」

って思いませんか。

小倉城の桜を見るのはその人達には

緊急事態だったんですかね。

別にもう、花見を責める訳ではありません。

桜が咲いたら見に行かないとソワソワするのは

日本人のサガですから、仕方がない。

シートを敷いて飲んだり食べたりはいけませんけど。

嫌なのはその、

二枚舌です。

同じ番組の中で

不要不急の外出はよせと言って、

その同じ人が行楽の話題を話している。

それはその番組だけではなく、

日本全体で、同じようなことがあっています。

緊急事態宣言が出ていながらも

満員電車で通勤している。

不要不急の外出はしてはいけないけれど

様々なお店は開いている。

お店だって営業しているからには

売上がないと潰れてしまうし、

従業員に払うお金も得られない。

でも不要不急の外出はしてはいけない。

大抵の大人は、

「いやまあ、そういうもんなんだよ」

と諌めると思いますけど、

正直もう、狂っているとしか私には見えませんよ。



欧米ではロックダウンした国もありますが、

その間の最低限の生活を支える費用は

国が出してくれているところがあると聞きます。

上の方は、一応、何も言わないと体裁が悪いから、

やれ緊急事態宣言だ、やれ蔓延防止政策だと言っているけれど

あとは自分でやってね、

とりあえず20時以降は店閉めてね、

みたいな感じ。

20時以前だったら酒飲んで大声で歓談してもいいのかしら。

いいのよね、

厚生労働省の人もやってたんだから…

マスク会食とか言うけれど

私も友人と食事の時にやってたけど、

30分もモタない。

そんな中、

うちわを配ろうという案も有ったそうです。

まだ、エイプリルフールが終わってないのかな。

エイプリルフールと言えば、

オリンピックの聖火リレーの話題をテレビで見ても、

ああ、今日はエイプリルフールだったか、

と思ってしまいます。

走っているのが芸人さんだったりするもので、

「リンカーン」とか昔あってた

悪ノリのお笑い番組のようにも見えます。

コロナは全く収まっていないし、

大阪の感染者数はうなぎのぼり。

大阪の友達に連絡してみたけれど

人口に対する感染者数が多すぎて恐怖を覚える、

と言っていました。

それと、地震。

もともと地震が多い国ではあるし、

今までもちょこちょこあっていたけれど、

今年は場所も多岐にわたり、

震度も大きな地震が頻繁にあっています。

それに、毎年、本当に嫌だけれど

恒例のようになってしまった水害。

一度降り出したら雨脚が昔の日本とは

もう違ってしまっています。

そんな国でオリンピックを本当にやるのかな。

そもそも、世界のアスリートは来るの?

それに、日本は世界に比べて

ワクチン接種の進捗がとても遅いようです。

河野大臣がマスコミにとてもわかりやすく説明してくれて

いるのは有り難いのだけど

それで補って余りある遅さです。

私は仕事柄優先的に接種できますが、

それでも予定は6月です。

それも予定ですし、ワクチンの入荷状況によれば、

さらに遅れる可能性もあります。

今の状態でそうなのに、

オリンピックをする余裕なんてあるのでしょうかね。



こうした話題も出ています。

それに、世界のアスリートは日本に来るのでしょうか。

来たとして、感染や災害から守ることができるのか。

アスリートをですよ?

国民は守ってもらえるなんて思っていません。


いろいろと矛盾や狂気を感じながらも、

私達は休むこともできないし、

狂気の五輪があっても

過酷なシフトで見ることもできません。

日本は四季があり、侘び寂びがあって

大好きなふるさとだけれど、

国家としてみると、

もう限りなく冷たく情けない貧乏国になってしまったんだなあと

悲しく感じます。



ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村