介護施設で働いているびょうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

※ブログ村のランキングに参加しています。
タップ・クリックいただけると嬉しいです。
 

IMG_20210726_123622



暑い日が続きます。

先日、学校が終わって帰宅途中には

駅前に多くの浴衣の女性がいました。

普通の生活が戻りつつあるような気がしますが、

それはただの気のせいです。

まだまだ注意が必要なのですけどね。



昨日の記事では、一つの悲願だった、

新阿蘇大橋を見たことを書きました。



ここは熊本ICを降りて大津を通り過ぎた阿蘇の入り口。

まだまだ灼熱の太陽が降り注ぎます。

車に乗り込み、早速橋を渡りました。

渡ってしまうと、阿蘇だなあという景色が始まります。

今回は産山村が目的地なのですが、

所々に見える「阿蘇山頂→」という看板がちらつきます。

行きたい。

せっかくここまで来たから、行きたい。

誘惑に負けて、阿蘇中岳火口の方向にハンドルを切りました。

途中の草千里からは阿蘇中岳の噴煙が見えます。

P2220631_Fotor


昔は古めかしいお土産屋さんなどがあった

懐かしい場所です。

その昔はロープウェイもありました。

震災後、ロープウェイは無くなり、

震災で被害を受けた神社は取り壊しになり、

跡形もありません。

建物のドアのところに手書きで「あとぜき」と

書かれていたのが可笑しくて写真に撮ったことも覚えています。

「あとぜき」とは、熊本独自の言葉で、

ドアや扉を開けた後に閉める、ということ。

地元では好きな言葉の上位に輝く大切な言葉です。

その建物が見たくて、一路、車を走らせました。

そして、見慣れない光景が。

IMG_20210726_121344


いつもはここが閉まっていて、火口には上がれませんでした。

噴火レベルが上ってとても火口に近づけないことが多かったです。

私が前に上がったのは10年前です。

その当時の火口はこんな感じでした。

P1100465


その後、何度も噴火を経て、今の姿はこんな感じ。

 IMG_20210726_122736


火山ガスが充満しているため、呼吸器障害や心臓が弱い人は

来ることができません。

 IMG_20210726_123637


火口近くは草木が生えない厳格な雰囲気です。

P2220647_Fotor

次第に草が映えるエリアになりますが、木はずっと向こうまで

ほとんどありません。

阿蘇らしい風景です。

たぶん私がタイミングを逃していただけで、今までにもいい時期には

火口に近づくことができたのかもしれませんが、

年に何回も行っててかれこれ10年。

10年ぶりにまた会うことができた阿蘇の素晴らしい風景。

これもまた悲願達成です。

途中、阿蘇の象徴のひとつである米塚も通りました。

P2220654_Fotor

お椀を返したようなぽっこりした可愛い姿です。

高さ80メートルの火山。

震災の時に亀裂が入ってみな心配しました。

大きな地震、大雨による浸水被害、火山の噴火、

度重なる試練を経て、なお、私達の心を掴んで離さない、

素晴らしい自然の風景です。

写真で残している回数は僅かですが、

父の存命のときにも行ったし、母とはちょっとそこまでと

出かけては、阿蘇に着いちゃったと笑って一周して

帰ったりもしたので、こんな回数ではありません。

スクリーンショット 2021-07-27 14.33.07


大切な友達は残らず連れてきました。

このあたりは気温が27度でとても過ごしやすかったので

また近いうちに母を乗せて来ようと思います。

 

 

ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



シングル介護ランキング


アラフィフ日記ランキング