介護施設で働いているびょうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

※ブログ村のランキングに参加しています。
タップ・クリックいただけると嬉しいです。
 


スクリーンショット 2023-12-05 10.17.55



今年のインフルエンザは凄いです、

と言いたいところですが、

インフルエンザに罹ったのが初めてなので

インフルエンザとの対比ができません。

喉の痛みを除いては、のたうち回る様子は

コロナに並ぶと思います。

いろんなところで今年のインフルエンザはハード、

という話を聞きます。

どうか皆さん、ご用心ください。



そして、そんなインフルエンザで思いがけず

半月も休みをもらうことになりました。

コロナの時は休業手当や傷病手当、私の時はまだ

共済保険も降りたし、あの頃は良かった(遠い目)

今はただひたすら、給料怖いなと思いながら、

人との接触ができない中で、近所の散歩に勤しんだり、

家の掃除をしたりしています。

料理が楽しいのですが、作っても食べないし食べる人も

いないので、ひたすら冷凍保存用の食材を調理してみたり。

ふと、私がもっと賢くて財テク(死語)頑張っていたら

早期リタイアしたりして、こういう生活していたのかな、

なんて思いました。

まあ、短期間ならいいけど、長期なら私にはちょっと暇だ。

たっぷりお金があって旅行にレジャー三昧だったら話は別だけど

そんな宝くじに当たったような勝ち組ってあんまりいないと思う。

人にはそれぞれに見合った人生が準備されていて、

貧乏性で仕事大好きな私には仕事三昧の生活がお似合いです。

職場からは「終わったら連勤が待っています笑」と

連絡が入っているのでとにかく今を楽しもう。

年末は地獄。



で。

母の退院の話も出ていてそろそろお迎えに行く日が決まりそう。

ちょうど私の自粛の期限と入れ替わりなので

なんというか、出来すぎている話である。

大丈夫よ、と微笑む母、その微笑みも実際には

微笑みなのか体調不良で顔が固まっていたのかはわからない。

母が朝から咳をしているので恐ろしくなり、

何度も何度も体温を測ったのに平熱で、

とうとう到来した出勤時間の前に、

「仕事に行くから夜にも体温を測ってね。

 熱があったらこれを飲んで。

 体温計はこうして扱うのよ」

と、いつも体温計のスイッチをオフのまま脇に挟もうと

する母に宛ててイラスト入りで紙に書いて、

カロナールを貼り付けて置いておこうとしました。

さて出勤、いざ出陣じゃ、と出かけようとした時に

母のか細い声が聞こえました。

「びょうさん… 37.5って いいの?」

よくないね…

そして何で今なんじゃ…

そこから慌てて職場に電話したり。

職場にも何度も「今日ずっと測ってたんですけど今発熱です、今!」

と言い訳がましいことを言い、

そこから高熱を発した母な訳です。

自分から熱なんて測ったことないんです。

紙に書いていた私もグッジョブですが、

母は何かしら「持っている」と感じます。

思い起こせば、引っ越しに合わせて、

母の安全と安心のためにも施設に入れようかとしていた時に

見当識がおかしなことになっているはずの入院中の母から

「誕生日おめでとう」

というメールが来てどきっとして、その後の同居を決意した

ということがありました。



本当に危機に際した時に母の中の何かが反応して

アクションを起こすんだなあと痛感しました。

いやあ、しかし、こんなに健康的な生活をしたのは

骨折で労災降りて休業した時以来です。



あの時は歩けないし、リハビリ通院も大変だったので

今のように楽しげではありませんでした。

まあ半月の休みでも、最初から半月とわかってないし、

最初の一週間は母のお世話と自分の症状との戦いで、

全然楽しくもありませんでしたけどね。

普段から連勤地獄の職場で、敢えて連勤ですよ、と

上の方が仰るので、おそらく、すごい連勤だと思います、

後半戦。

でも、そうしないとお給料が大変なことになりますから、

ありがたいと思って備えようと思います。

後半戦は楽しく保存食作成ですかね。




 

ランキングに参加しています。

よろしければバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



シングル介護ランキング


アラフィフ日記ランキング